転職ノウハウ

あなたの転職に役立つノウハウを紹介

2020年1月31日

「何か質問ありますか?」にどう答える?
面接での印象を決める“逆質問”対応策

面接で求職者から聞かれて困る質問はない!しかし質問次第で評価に影響することも

「何か質問はありますか」という、面接官からの逆質問。「何をどう答えればよいのか…」と面接の終盤で頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。
転職エージェントのワークポートが企業の採用担当者に行った「採用面接で応募者から聞かれて困った質問はありますか?」というアンケートでは、80%以上の採用担当者が「聞かれて困る質問はない」と回答しています。しかし、だからといって何を聞いても良いというわけではありません。逆質問の内容によっては応募者の評価に影響することもあるのです。

正社員と非正規社員の平均給与

あなたはどっち?逆質問に悩む人は2パターン。

逆質問に悩む応募者は、大きく2パターンに分けられます。
ひとつは、「こんなことを聞いたら印象悪いかな…」「こんな質問は聞いたらダメかな…」と考えすぎ、聞きたいことを聞けないタイプ。このパターンの人は、面接官に消極的な印象を与えたり、求職者の価値観が面接官に伝わらず入社後にミスマッチが起こる可能性が高くなります。

もうひとつは、「とりあえず聞きたいことは全部聞いてしまおう!」と、何も考えずに気になることはすべて質問してしまうタイプ。積極性や熱意が伝わる場合もありますが、逆質問の内容によっては面接官に不信感を与え、不採用になってしまう可能性が高くなります。

ミスマッチが起こらないためにも、やる気や熱意をしっかりと伝えるためにも、積極的に逆質問に答えていくべきです。しかし、最後の最後で不採用を決められてしまう!なんて結果は避けたいですよね。
今回は、そんな誰もが悩む逆質問への対応策をご紹介いたします!「逆質問苦手なんだよなあ…」と思っている人も大丈夫。質問次第ではむしろ、面接官に「この人と働きたい!」と思わせることもできるのです!逆質問は決して最後にされるおまけの質問ではなく、あなたのやる気や魅力を存分に伝えられるアピールの場なのです! この記事を読んで、あなたも自信を持って積極的に質問ができるようになりましょう!

「何か質問ありますか?」にどう答える? 面接での印象を決める“逆質問”対応策

1.「この人ほしい!」と思わせるGOOD逆質問!

こちらにはやる気や前向きな姿勢をアピールできるような質問例をいくつか挙げてみました。

「もし採用していただいた場合、入社までにさらに勉強をしておくことがあれば教えてください」

しっかりスキルアップを考えていることが伝わる逆質問です!入社前からできることはやっておきたいというあなたの熱意が見えます。面接官は「入社後も意欲的に仕事をしてくれそう!」という印象を抱くはずです。面接の場では、実際にあなたがその企業で働いている姿を面接官に想像させることが大切です。また、新たな会社で自分に足りないものを吸収していこうとする積極性も、面接官に好印象を与えるポイントです!

「御社ではどのような方が活躍されていますか?」

その企業で活躍したいという意欲がとても感じられる質問です!活躍している社員の特徴を聞くことで、その企業ではどんな能力やスキルが求められているのかを知りたいという入社意欲が伝わり、好印象を与えることができます!また、自分がその企業の雰囲気にマッチしているかを確認しようとする姿勢も、しっかりと軸を持って転職活動を行っているのだというアピールにもつながります。

「私は留学経験があり、海外ビジネスに興味を持っています。御社は今後、海外展開も視野に入れているとのことですが、それに参加することはできますでしょうか?」

この質問の場合、海外事業に携わりたい理由が明確であり、目標を持って取り組んでいることがわかります。また、その企業の今後の展望をしっかりと理解した上で質問していることがわかるので、入社意欲も伝わります。今後企業が参入していきたいビジネスに即戦力として入社してもらえるかもしれないというのはかなりの好印象ポイントです!

「本日の面接のフィードバックをお願いできますでしょうか?」

これは面接官からの印象も良く、あなたにとってもプラスになる逆質問です!面接官はあなたに「きちんと振り返りと改善をしていける人だな」という印象を抱きます。また、あなたにとってのメリットは評価点と改善点を知れることです。もちろん合否を教えてもらえるわけではありませんが、あなたのどこが評価されたのか、今後の課題は何なのかをその場で教えてもらうことで長所や短所を知れたり、次に活かしたりすることができます!

「もし採用になった場合に配属される部署の強みと弱みを教えてください」

あなたが働くことになる部署の実情を知りたいという質問は、実際にその企業で働くことをしっかり考えられていると感じられ、入社意欲の高さをアピールすることができます。また、強みだけでなく弱みも聞くことで、その部署の課題を知って理解しようとしていることが伝わります。
ここでひとつワンポイントアドバイス!面接官はあなたが採用される前提で話されることを好みません。そのため「もし採用になった場合は~」というような、前置きをするなどして謙虚な聞き方を心がけましょう。

2.マイナスイメージを与えるNG逆質問!

ここではマイナスイメージを与えてしまうNGな逆質問をご紹介しましょう。ついつい軽い気持ちで聞いてしまうことのないように要注意です!

「有給休暇は好きなときに取れますか?」

これでは面接官からあなたのやる気を疑われてしまいます。たしかに休暇が気になるのはわかりますが、まずはしっかりとその企業で働く意欲や熱意を見せるべき。有給休暇の付与日数は求人票などに書かれているはずなので、日数が気になる場合はそちらをチェックしましょう!

「残業はどのくらいありますか?」

残業や休日出勤についての質問は、仕事への興味が薄いと捉えられ、熱意が伝わらない場合が多くあります。ワークライフバランスを大切にしたいと思う気持ちは分かりますが、仕事内容より待遇について関心があるように見えてしまうのでNG。どうしても気になる場合は、「求人票には残業ありとの記載がありましたが、御社の平均的な残業時間と繁忙期の残業時間を教えていただけますか」と、あくまで求人票に書かれていない点を聞いたというような伝え方をしましょう。

「社内恋愛はありますか?」

この質問は完全にアウトです。「何のために働くつもりなの?」と言われてもおかしくありません。それまでの面接内容がいくら完璧でも、仕事を甘く見ていると捉えられ不採用になってしまう可能性がとても高いです。この逆質問は絶対にやめましょう!

「企業理念について教えてください」

求人票や企業の公式サイトなどに載っているようなことを質問するのはNG。面接官から「うちの会社に関心がないんだな」、「事前準備ができていないな」と思われてしまいます。調べて出てくるようなことは面接の場で質問しないように、面接前の事前準備をしっかりと行いましょう!

「質問はありません!」

入社意欲や志望度が低いと思われてしまいます。「質問がないということは、会社のことを理解しようとしていない人なのかな」と捉えられてしまい、あまり良い印象は与えないでしょう。それでもどうしても思いつかなかった場合には、「十分にご説明いただき納得できましたので、特に質問はございません。お話をお聞きして、ますます御社に入社したい気持ちが強くなりました」など、入社意欲があることを必ず伝えましょう!

3.聞き方を変えればプラスに変わる逆質問!

聞き方次第でNGな質問でも、好印象を与える質問にすることができます。こちらでは、NG質問の変換例をご紹介します。

「WEBデザイナーをやりたいのですが、何年くらいでなれますか?」

これではあまりにも自分勝手な質問に聞こえてしまいます!自分がやりたい仕事を何年で担当できるかというのは、企業の方針やあなたの頑張り次第。「仕事は自分でつかんでいくものではなく、会社から与えられるものだと思っているな…」と思われてしまいます。

「ウェブデザイン技能の資格を取得し、WEBページ制作なども将来やるべく勉強していますが、アシスタント業務での頑張り次第では、WEBデザイナーへのチャレンジもさせてもらえますか?」

聞きたいことは同じでもこう聞かれれば好印象!やりたい仕事に就くために実際に資格を取得し、今後も努力をしようとしていることがよくわかります。「頑張り次第ではその仕事へチャレンジできる環境があるのか?」というのは、職場環境を知る上で大切なポイントであるため失礼には当たりません。やりたいことや目標があることを伝えつつ、採用された場合の配属先で仕事を全うしながら努力を続けるアピールをしましょう!

「育児休暇は取れますか?」

育児休暇や産休についての逆質問自体は悪い質問ではありません。しかしタイミングを間違えると面接官にマイナスの印象を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。というのも、いきなり「育児休暇を取得できるのか?」と質問してしまうと、入社後すぐに育児休暇を取得しようとしているのか?と思われてしまうことがあるからです。企業側からすると、いち早く仕事を覚えて会社に貢献してほしいと考えているため、すぐに育児休暇などで長期休暇に入ってしまうことはあまり良いイメージではありません。

「御社では、女性が働きやすい環境の整備に力を入れているとお伺いしました。育児休暇などから職場復帰された社員の方は今どのような仕事をされていますでしょうか?」

今すぐに育児休暇を取得したいのではなく、結婚や出産後も長く会社に勤務したいと考えていることを伝えましょう。実際に育児休暇などから職場復帰した社員の例を聞きたい、というのはしっかりと今後のキャリアプランを描いているというアピールにもなるので良い逆質問です!またこの場合、女性が働きやすい環境であると知った上での質問であるため、しっかり企業研究をしたり話を聞いているのだなという好印象を与えることもできます。

「仕事は楽しいですか?」

マイナスになることはあまりないですが、面接官の立場からするともう少し具体的な質問をしてほしいな…と思ってしまいます。あなたが面接官の立場になって考えると、この質問はあまりにも抽象的だと感じませんか?また、質問に対して面接官からは「楽しいですよ」とだけ答えられ、それで話が終わってしまうこともありえます。

「仕事をしていて嬉しかったことや達成感を得た瞬間を教えてもらえませんか?」

その企業で働くことのやりがいや喜びはどんなことなのか聞くことで、その思いをあなた自身も共有したいと思っていることが伝わります。また、「はい」「いいえ」で答えられるような質問ではなく、「どうして」「どのような」「どんなとき」のように会話が広がる聞き方ができると、しっかり相手とコミュニケーションがとれる人だなという印象を与えることができます!

「ノルマはありますか?」

ノルマや売り上げ目標について避けているような聞き方はやめましょう。どんな職種でもそれぞれの目標値が存在する場合がほとんどです。それを避けているような質問をしてしまうと「仕事に消極的で達成意欲が低い人」という印象を与えかねません。

「個人目標の決め方について教えてください。また、数字以外の成果についても評価する仕組みはありますか?」

まずは「売り上げに対する意識がある人」ということを面接官に認識してもらいましょう。個人目標をどのように決めるのか、結果だけでなくプロセスも評価されるのかなど、評価方法を質問することで「実際に働いた場合のことを想定して質問しているな」「やる気があるな」と思ってもらえます。また、評価方法を知ることでその企業がノルマに対してどのように考えているのかある程度わかるため、良い逆質問だといえます。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。「これまでNGな逆質問をしていたな…」と反省している人もいるかもしれません。しかし!ここまで読んだあなたはもう大丈夫!次の面接では、面接官に好印象を与える逆質問ができるはずです。逆質問はあなたの魅力をアピールできる大きなチャンス!積極的に質問をして、あなたのやる気や熱意を存分に伝えていきましょう!

転職コンシェルジュ® サービス

経験豊富な
転職コンシェルジュ® が
あなたに代わって
求人情報を探します。
転職コンシェルジュ® は20代、第二新卒の方の魅力を最大限に引き出します。
希望条件や想い、個性からあなたの可能性を最大限に引き出せる理想の求人・企業を探し、
万全のサポートをご提供します。転職コンシェルジュ® のサービスはすべて無料でご利用いただけます。

企業からスカウトを受ける

あなたのプロフィールを
登録することで企業からスカウトが届きます。
あなたの個人情報は非公開のまま、プロフィールを見た企業からスカウトが送られるようになります。
あなたの可能性や将来性を高く評価する企業もあなたを探すことができます。

無料スクールで学ぶ

U29JOBの無料スクール。
スキルを身につけて
転職活動を有利に。
未経験からスキルを身につけてエンジニアへの就職を希望する方に最適なこのスクールは、高品質
なカリキュラムと通い放題のサービスで、“完全未経験”からはじめるエンジニア専門の無料スクール
です。

転職コンシェルジュ® サービス

経験豊富な
転職コンシェルジュ® が
あなたに代わって
求人情報を探します。
転職コンシェルジュ® は20代、第二新卒の方の魅力を最大限に引き出します。
希望条件や想い、個性からあなたの可能性を最大限に引き出せる理想の求人・企業を探し、
万全のサポートをご提供します。転職コンシェルジュ® のサービスはすべて無料でご利用いただけます。

企業からスカウトを受ける

あなたのプロフィールを
登録することで企業からスカウトが届きます。
あなたの個人情報は非公開のまま、プロフィールを見た企業からスカウトが送られるようになります。
あなたの可能性や将来性を高く評価する企業もあなたを探すことができます。

無料スクールで学ぶ

U29JOBの無料スクール。
スキルを身につけて
転職活動を有利に。
未経験からスキルを身につけてエンジニアへの就職を希望する方に最適なこのスクールは、高品質
なカリキュラムと通い放題のサービスで、“完全未経験”からはじめるエンジニア専門の無料スクール
です。
あなたらしさを大切にする職場で働く求人特集!
あなたの転職を支援します!「転職お祝い金」が貰える‼︎
井上尚弥選手は20代の転職活動を応援します!
採用を検討されている企業の皆様へ
伝統工芸職人の採用を検討されている企業の皆様へ
ページトップ