転職ノウハウ

あなたの転職に役立つノウハウを紹介

2019年10月2日

未経験からのチャレンジ!【システム開発エンジニア】編

ここ最近「手に職をつけたい」「長く続けられる仕事がしたい」「今後成長していくIT業界で活躍したい!」と、未経験からエンジニアを目指す人が増えています。
いまやIT業界はものすごいスピードで変革されており、IT人材の社会的な需要が非常に高まっています。それに伴いエンジニア不足が進んでいるため、エンジニアになる絶好のチャンスといえます!
そこで今回は未経験からエンジニアを目指す方に向けて「勉強方法」「必要な素質・スキル」「面接でのアピールポイント」「キャリアパス」の4点をお伝えしていきます!

1.勉強方法

一般的な勉強方法、「入門書」「学習サイト」「学習アプリ」「オンライン講座」「スクール」の5点についてメリットとデメリットをまとめました

  メリット デメリット 未経験者への
おすすめ度
入門書 ・パソコン、ネット環境が不要
・どこでも学習できる
・情報の信頼性が高い
・購入前に中身の確認ができる
・マイナーな情報が多く比較的質が良い
・重くて分厚く持ち運びに不向き
・読むだけでは実践的な知識が身につかない
・コストパフォーマンスが高くない
・情報量が多く、必要な所だけを学習するには効率が悪い
学習サイト ・無料で使えるサイトが比較的多い
・実際にパソコンを使って演習ができる
・有料サイトでもそこまで高額でないため気軽に使える
・自分に合った学習サイトを探すのに時間がかかる場合がある
・有料プランでないと使い勝手が悪い場合がある
学習アプリ ・持ち運びやすくスキマ時間で勉強できる
・気軽に購入でき、追加が可能
・初期費用が最もかからない
・多くのアプリは基礎知識の習得がメインとなっている
・実践レベルの習得は難しい
・急にアプリが変わったり利用できなくなったりすることがある
オンライン講座 ・最新の技術の学習が可能
・時間や場所を問わず学ぶことができる
・プロの指導のもと学ぶことができる
・費用が高額なところが多い
・モチベーションを保つことが難しい
スクール ・プロ指導のもと学ぶことができる
・わからないことはその場で質問できる
・パソコンやインターネット環境がなくても学習できる
・学習に対するモチベーションの維持がしやすい
・計画的に効率よく学習ができる
・キャリアや転職相談もできる
・通学が必要
・地域格差が生じることがある

未経験者は入門書、学習サイト、学習アプリなどを使用して独学で学ぶよりも、オンライン講座やスクールなどを利用してプロから学ぶほうが効率的かもしれません。とある調査では、プログラミングを独学で学ぶ際の挫折率がなんと90%とも言われています。入門書や学習サイトはコツコツと自分のペースで学びたい人には向いていますが、わからないときに質問できる人がいないため、壁にぶつかったときに解決策を導くまで時間がかかり、モチベーションを保つことが難しく感じる場合もあります。また、自分で学習プランを立てて、自分に合った入門書や学習サイトを模索する必要があるため、まったくの未経験者には少しハードルが高いかもしれません。一方でオンライン講座やスクールにはカリキュラムが用意されています。スクールに通う時間を割く必要がありますが、プロの講師のサポートがあり、わからないことをすぐに質問できるため、独学するより効率よくスキルを身につけることができるでしょう。しかしあくまでもこれらは一般的な見解であり個人差があるので、学習に割ける時間やご自身の学習スタイルなどを考慮したうえで最適な方法を選びましょう。

2.必要な資質・スキル

コミュニケーションスキル
システムエンジニアはパソコンに向かい、一日中ひとりでコツコツとプログラムを書く仕事というイメージを持たれがちですが、実際には様々な手段で多くの人とコミュニケーションをとっています。例えば、クライアント対応ではIT初心者にもわかりやすくシステムについて説明することや、誰にでも簡単に理解してもらえるような資料を作成するスキルが求められます。また質問された時やクレームが入ったときも、クライアントの求めていることはなにかを理解し正しく対応する能力が求められます。良好な関係を築いていくためにも、普段から親密なコミュニケーションを取るスキルが必要とされます。一方でチームメンバーとは作業を分担しますが、進捗状況を確認したり、今後の方針をすり合わせたりとコミュニケーションを取りながら仕事を進めます。仕事が佳境に入ると会議やミーティングも頻繁にあり、みんなで協力していくことが必要とされます。
論理的思考力
論理的思考力とは筋道や理屈に基づいて考えたり、複雑な事柄をわかりやすく説明する能力のことで、ロジカルシンキングともいいます。エンジニアは通常プロジェクトに参加してチームで仕事を行います。そのため自分の考えをクライアントや上司などに理解してもらう必要があります。いくら自分の考えが正しくても意図をしっかり伝えることができなければ自分の発言は採用されません。それどころか他人が言っていた内容が自分と同じでも、論理立ててきちんとした説明をした人のプランが採用されることもあります。関係各所と円滑に仕事を進めていくためにも論理的思考が必要とされるのです。
マネジメント能力
先ほどお伝えしたようにエンジニアはチームで動くことが多く、コスト管理や進捗管理、人員管理などマネジメントが欠かせません。経験を積むと、マネジメントをする立場にもなっていきます。マネジメントをする立場になった時は「プロジェクト」と「人」の2点を意識しましょう。プロジェクトの戦略や計画を立て、適宜進捗管理を行いプロジェクトが正しい方向に進んでいるかを確認し、問題が起こった際には改善するというプロセスです。また、メンバーが率先して行動できるように任命や割り振りを行っていきます。マネジメントは、全体を見て進行の早いメンバーにタスクを渡したり、一部のメンバーに負担がかかっていないかを常に確認したり、連携が上手くいくように全体を把握する立場となります。定期的に面談や評価を行い、メンバーが働きやすい環境を作ることも大切な役目です。
未経験からのチャレンジ!【システム開発エンジニア】編

3.面接でのアピールポイント

未経験からエンジニアを目指す際、面接でよく聞かれる質問、その質問の意図、対策の3点をまとめました。相手の質問の意図を捉え、自分の言葉で説明ができれば転職成功の確率はグッと上がるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

自己紹介~志望動機
▽質問内容
・1分程度で簡単な自己紹介
・なぜエンジニアになろうと思ったのですか
・なぜこの企業の選考を受けようと思ったのですか

▽質問の意図
・コミュニケーションがしっかりとれる人かの確認や、話を深めていく上でのきっかけづくり
・エンジニアのイメージだけで転職しようとしていないか
・転職できればどの企業でもいいのではないかという判断

▽対策
マイナスなことでもポジティブな言葉に置き換えて明るい印象で話しましょう。あらかじめ自己紹介を1分程度で簡潔に話せるように準備しておくと慌てずにすみます。エンジニアになろうと思った理由も単なるイメージではなく、前段でお伝えした求められる素質やスキルを考慮したうえで、自分の経験を織り交ぜて話すことで評価される可能性が高まります。自分が志望する企業の情報をよく調べて、他社とは異なるその企業の強みを理解しておくことや、実体験から得た自分の価値観と企業の方針が一致していることを伝えると説得力が生まれます。
学習状況について
▽質問内容
・普段はどのような勉強をしていますか
・プログラミングスクールなどに通っていましたか

▽質問の意図
・本当にエンジニアになりたくて勉強をしてきたか、努力できる人かの確認
・現在のスキルはどのくらいかを認識するため

▽対策
自分が学んできたことがあったらそのレベルに関わらずアピールしましょう。自分で作ったものを公開して実際に見てもらえる状態にしておくことをおすすめします。未経験のため実績はありませんが、なにも勉強してこなかった人に比べ、努力してきた経験がある人は面接官に見込みがあると思ってもらえる確率が高まります。資格の取得などにチャレンジしてみるのも有効です。
転職理由

▽質問内容
・なぜ転職しようと思ったのですか
・この企業に入ったらなにをしたいですか

▽質問の意図
・入社後すぐに辞めてしまわないか
・前職から逃げるために適当に次の仕事を選んではいないか
・今後自社で活躍してくれそうか

▽対策
転職理由は面接官に人間性を見られていると思いましょう。仕事においてなにを重視して、なにを切り捨てているのかといった優先順位が伝わります。この優先順位が転職を志望する会社のビジョンや仕事の進め方と一致していることが望ましいです。転職理由を伝える上で以下の3点の流れを意識すると上手く伝えられます。

  • ①「前職では〇〇な課題を抱えていた」
  • ②「〇〇を改善しようと努力をしたができなかった」
  • ③「転職して〇〇な働き方をしたい」

はじめ、①のように転職を考えた理由を伝えた後、②のように自分が感じた課題を改善しようと努力したことがあれば伝えましょう。次に、③のように新しい環境で叶えたいことを志望理由と繋げていきましょう。そうすると説得力のあるしっかりとした転職理由になります。

4.キャリアパス

勉強方法 勉強方法

一般的なITエンジニアのキャリアパスはプログラマー(PG)→システムエンジニア(SE)→プロジェクトリーダー(PL)→プロジェクトマネージャー(PM)というプロセスです。しかし最近はそのキャリアパスがIT業界の成長と共に変化してきています。ITアーキテクトといった、システムの構造や方向性を定める職種や、企業の経営方針に基づいて戦略の提案をするコンサルタントなど、システムエンジニアの経験を活かしてキャリアアップできる幅が広がってきています。また、フリーランスとして独立するシステムエンジニアの方も多く、努力次第で自分に合った働き方ができるといえます。IT業界未経験ですぐにプログラマーへの転職は不安…という方は、システム運用・保守・ヘルプデスクといった職種からチャレンジしてみるのもおすすめです。他のITエンジニアと比較して必要な専門知識がそこまで多くなく、未経験歓迎の企業も多数あります。

5.まとめ

いかがでしたか?システムエンジニアへの転職に興味を持った方は、まず勉強からはじめてみましょう。無料のエンジニアスクール「みんスク」(https://minsuku.jp/)には完全未経験からプロのエンジニアになった卒業生や、エンジニアへの転職を目指して勉強をしている受講生がたくさんいます。毎日無料で説明会も開催していますので、気になった方はぜひ参加してみてくださいね!

転職コンシェルジュ® サービス

経験豊富な
転職コンシェルジュ® が
あなたに代わって
求人情報を探します。
転職コンシェルジュ® は20代、第二新卒の方の魅力を最大限に引き出します。
希望条件や想い、個性からあなたの可能性を最大限に引き出せる理想の求人・企業を探し、
万全のサポートをご提供します。転職コンシェルジュ® のサービスはすべて無料でご利用いただけます。

企業からスカウトを受ける

あなたのプロフィールを
登録することで企業からスカウトが届きます。
あなたの個人情報は非公開のまま、プロフィールを見た企業からスカウトが送られるようになります。
あなたの可能性や将来性を高く評価する企業もあなたを探すことができます。

無料スクールで学ぶ

U29JOBの無料スクール。
スキルを身につけて
転職活動を有利に。
未経験からスキルを身につけてエンジニアへの就職を希望する方に最適なこのスクールは、高品質
なカリキュラムと通い放題のサービスで、“完全未経験”からはじめるエンジニア専門の無料スクール
です。

転職コンシェルジュ® サービス

経験豊富な
転職コンシェルジュ® が
あなたに代わって
求人情報を探します。
転職コンシェルジュ® は20代、第二新卒の方の魅力を最大限に引き出します。
希望条件や想い、個性からあなたの可能性を最大限に引き出せる理想の求人・企業を探し、
万全のサポートをご提供します。転職コンシェルジュ® のサービスはすべて無料でご利用いただけます。

企業からスカウトを受ける

あなたのプロフィールを
登録することで企業からスカウトが届きます。
あなたの個人情報は非公開のまま、プロフィールを見た企業からスカウトが送られるようになります。
あなたの可能性や将来性を高く評価する企業もあなたを探すことができます。

無料スクールで学ぶ

U29JOBの無料スクール。
スキルを身につけて
転職活動を有利に。
未経験からスキルを身につけてエンジニアへの就職を希望する方に最適なこのスクールは、高品質
なカリキュラムと通い放題のサービスで、“完全未経験”からはじめるエンジニア専門の無料スクール
です。
あなたらしさを大切にする職場で働く求人特集!
あなたの転職を支援します!「転職お祝い金」が貰える‼︎
井上尚弥選手は20代の転職活動を応援します!
採用を検討されている企業の皆様へ
伝統工芸職人の採用を検討されている企業の皆様へ
ページトップ